/

この記事は会員限定です

民放、ネット配信で番組変化 若者・時短・SNSを模索

[有料会員限定]

在京民放キー局がテレビ番組の編成や作り方をネット配信を意識したものに変えつつある。切り口は「若者向け」「時間短縮」「SNS(交流サイト)活用」だ。新型コロナウイルス禍での巣ごもりが明け、動画配信サービスに逆風が吹き始めている。ネットでの視聴者を増やし、新たな収入源に育てられるかが焦点となる。

フジテレビは7月から水曜午後10時に陸上自衛隊を舞台にした青春ドラマ「テッパチ!」の放送を始めた。4月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン