/

この記事は会員限定です

秋の果物、今年はお手ごろ ナシの店頭価格2割安

[有料会員限定]

秋の時期に流通が増える果物の卸値が下落している。東京市場の9月の卸値はリンゴやブドウが前年同期比1割安い。東日本や北日本の産地では生育期の天候が比較的よく、出荷量は前年を上回る見通しとする産地が目立つ。店頭価格も下がっており、今年の秋は甘くみずみずしい果物を手ごろに楽しめそうだ。

9月以降はナシやブドウなど国産果物の流通が増える。今年は梅雨が短かったことで日照量が十分あり、果実が育つのによい条件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません