/

この記事は会員限定です

アサヒの北川CFO、「豪州と欧州がけん引し最高益に」

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングス(GHD)の2021年12月期の連結業績(国際会計基準)は、新型コロナウイルス禍でも売上収益と純利益が過去最高になる見通しだ。過去に大型買収したオーストラリア事業や欧州での高単価商品の販売増などが収益をけん引する。国内外の酒類事業などの動向を北川亮一常務取締役兼最高財務責任者(CFO)に聞いた。

――今期純利益は64%増の1520億円と最高益を見込みます。

「飲食店などへの規制は長引いているが、海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン