/

この記事は会員限定です

東京ガス、脱炭素投資方針巡り市場とギクシャク

向野崚

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「総分配性向6割」という還元方針の見直しを検討する東京ガスが、市場との対話に苦しんでいる。脱炭素投資を増やすため、15年ほど掲げてきた金看板を2度下ろそうとしたが投資家が反発。結論を1年先送りする。資本効率の悪化が嫌気され、脱炭素投資で急成長を狙うストーリーが理解を得られていない。

総分配性向は配当と翌期の自社株買いの合計額を連結純利益で割って算出する。他のエネルギー会社は高くても、せいぜい4~5割。東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン