/

フレッシュネス、北海道産ポテト25%増量 期間限定

コロワイド傘下のフレッシュネス(横浜市)は13日、バーガー店「フレッシュネスバーガー」で、フライドポテトを25%増量するキャンペーンを実施すると発表した。1月14日から2月27日の期間限定。同社のポテトは北海道産のジャガイモを使う。北米からの輸入遅延で日本マクドナルドホールディングスなどで販売制限が続く中、国産ポテトの増量で客数の拡大につなげる。

対象は単品フライドポテトR・Lサイズとセット商品。全国の店舗で実施する。フレッシュネスは「北米からの輸入遅延により様々なお店でフライドポテトが販売休止になる状況が続いている。そんな皆様をレスキューすべく、増量キャンペーンを実施する」としている。

ファストフード業界のポテトを巡っては、コンテナ不足などに伴う輸入遅延で日本マクドナルドが1月9日から約1カ月間、「マックフライポテト」の販売をSサイズに限定する措置を取っている。国内ファストフード各社もポテトの調達を北米に依存している場合が多く、世界的な物流混乱の余波が国内のフライドポテトに及んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン