/

世界の「後払い決済」50社 急成長市場に参入相次ぐ

後払い決済「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」を手掛ける企業が世界各国で登場し、投資家からの注目を集めている。電子商取引(EC)の普及により利用が広がり、医療や旅行などの分野にも拡大している。BNPL企業が最も多いのが米国だ。近年は新興国でも関連企業が台頭する。CBインサイツが国や地域ごとの特徴とともに約50社をまとめた。

ネット通販や実店舗の買い物にPOS(販売時点情報管理)で(審査して)融資するBNPL企業が世界各国で台頭し、投資家からの引き合いも急増している。2021年に入ってからのBNPL企業による株式譲渡を伴う資金調達件数は20件で、調達額は既に通年ベースで過去最高の21億ドルに達している。

BNPL市場はアパレルや美容などECの代表的な分野だけでなく、医療や旅行、娯楽、住宅リフォームなどの分野にも拡大しつつある。

BNPL企業が最も多いのは米国で、欧州が続く。オーストラリアやニュージーランド、アフリカ、東南アジア、中東、中南米でも台頭しつつある。

BNPLサービスを手掛ける企業約50社を国・地域ごとに市場マップに示した。記事の末尾の世界地図には、各国・地域ごとに資金調達額が最も多い企業を記載した。

市場マップはBNPLを専業とする上場・未上場の存続企業からなる。この分野を網羅するのが狙いではなく、拠点がある国・地域に応じて各社を分類している。

国・地域別の内訳

米国:米国のBNPL企業はECや小売りだけでなく様々な業種でサービスを提供するようになっている。全体的には21年1月に上場したアファーム(Affirm)のようなリーダーが支配しているが、新規参入組はニッチな市場を対象にすることで成功の可能性を高めている。 

例えば、サンビット(Sunbit)は自動車サービス・修理業者や眼鏡店、歯科医院など7300以上の加盟店に実店舗とオンラインでの融資サービスを提供している。21年5月のシリーズDで1億3000万ドルを調達し、企業価値は11億ドルになった。

スクラッチペイ(Scratchpay)は獣医への支払いに融資が必要なペット所有者向けなど、医療分野に特化している。アップリフト(Uplift)は米サウスウエスト航空や独ルフトハンザなど国内外の大手航空会社と提携し、旅費を柔軟に分割払いできるサービスを提供している。

欧州:この地域の大半の企業は英国に拠点を置き、小売りやECの買い物に融資を提供している。

例えば、英ジルチ(Zilch)はネット通販での買い物を6週間で4回に分けて払い、きちんと払えば特典がもらえるバーチャルカードを提供している。同社は21年4月のシリーズBの一部で8000万ドルを調達した。英バター(Butter)は月ごとに10回払いできる航空券の予約販売サイトを手掛ける。

欧州の他の国では、スウェーデンのクラーナ(Klarna)が調達総額(公表ベース)で世界トップに立っている。05年の創業以来の調達総額は35億ドル近くに上る。加盟店は25万店、アクティブユーザーは9000万人としている。

オーストラリア&ニュージーランド:この地域の企業は実店舗とネット通販の買い物にBNPLサービスを提供している。

オーストラリアのペイライト(PayRight)は実店舗の顧客に対し、請求書の支払いなどの少額決済から2万ドルの住宅リフォーム代まで様々な商品・サービスを対象にした融資オプションを提供している。加盟店はその日のうちにペイライトから全額を立て替え払いしてもらう。

一方、ニュージーランドに拠点を置くジェノアペイ(GenoaPay)は1000ドルまでの少額決済サービスを提供している。同社も加盟店に代金を立て替え払いする。消費者はジェノアペイにまず金額の10%を払い、週ごとに10回払う。

アフリカ:この地域の企業は金利ゼロのBNPLに力を入れている。

ガーナに拠点を置くモティト(Motito)は無利子のPOSローンを提供する。加盟店は家電や家具、衣料品、美容製品など様々な商品を販売している。

ナイジェリアのクレドパル(CredPal)は店舗での買い物にPOSローンを提供する。顧客は毎月定額を分割払いする。同社はその日のうちに加盟店に全額を建て替え払いし、融資に伴う全てのリスクを負う。

東南アジア:この地域の企業は主にオンラインでの買い物向けのBNPLシステムを提供している。

例えば、シンガポールのリライ(Rely)は顧客に2週間ごとの4回払いと、1カ月ごとの3回払いという2種類の返済方法を提供している。いずれも利息はかからない。

フィリピンのテンドペイ(TendoPay)は3万ペソまでの買い物に対し、1カ月ごとに3回払いできるプランを提供する。金利は諸条件によって変わる。

中東:この地域の企業は実店舗とネット通販の買い物にBNPLサービスを提供している。

例えば、サウジアラビアのタマラ(Tamara)では30日以内の支払いか、金利ゼロでの3回払いを選べる。アプリを通じてオンラインと実店舗での買い物の両方にサービスを提供している。

アラブ首長国連邦(UAE)のタビー(Tabby)は金利ゼロで1カ月ごとに4回払いできるオプションを提供する。顧客は一部の小売りでキャッシュバックや特典を受けられる。

インド:インドにはBNPL企業は比較的少ないが、各社は主にオンラインでの買い物に特化している。

ムンバイに拠点を置くイーペイレーター(ePayLater)は顧客に対し、旅行や食品などネット通販の商品・サービスに14日以内の無利子の後払いサービスを提供している。

ベンガルールのシンプル(Simpl)は4500を超えるネット通販でワンクリックにより決済し、後払いできるシステムを手掛ける。

中南米:中南米のBNPL企業は様々な加盟店を対象にしている。

例えば、メキシコのネロ(Nelo)は、ウーバーのような配車サービスやネットフリックスなどの動画配信プラットフォーム、AT&Tのような携帯電話会社などの加盟店でBNPLを提供している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン