/

バイト時給1.8%上昇、6月1127円 2カ月連続で過去最高

リクルートが14日発表した三大都市圏(首都圏、東海、関西)の6月のアルバイト・パート募集時平均時給は、前年同月比20円(1.8%)高い1127円だった。2カ月連続で過去最高を更新した。夏の繁忙期に向けて飲食店や宿泊施設の求人が増えた。新型コロナウイルス禍が落ち着き、都心部の飲食店が採用を強化した。

求人媒体「タウンワーク」などの掲載情報をまとめた。職種別では飲食店など「フード系」が46円(4.5%)高い1059円と、3カ月連続で過去最高を更新した。飲食各社は採用を強化するが、コロナ禍で離れた働き手の獲得は難しく、期間限定で時給を上げるなどの動きが広がった。

行動制限の解除でビジネスパーソンの出社が増えたため、時給の高い都心部の飲食店で求人が増えた。「ホールスタッフ」は53円(5.2%)高の1069円、「調理・コック・板前」も48円(4.7%)上昇した。飲食系の求人件数は前年同月の2倍に達した。

夏休みの旅行需要も回復が期待され、レジャー関連も求人が活発だ。観光業を含む「販売・サービス系」は7円(0.6%)高い1084円だった。「宿泊施設関連(旅館・民宿)」で25円(2.3%)伸びたほか、「レジャー施設業務全般」も8円(0.7%)上昇した。

宇佐川邦子ジョブズリサーチセンター長は「飲食店は学生バイトが採れないなか、シニアや主婦層の活用を進めることが求められる」と指摘。「調理の下準備に限定して短時間で募集をかけるなど採用戦略も見直す必要がある」と話す。

同業大手ディップが同日発表した、求人情報サイト「バイトル」に掲載された全国アルバイト・パートの6月の平均時給は、前年同月比38円(3.2%)高い1211円だった。「飲食の職業」が49円(4.9%)高い1054円で2カ月連続で過去最高となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン