/

この記事は会員限定です

iPSでコロナ解明 白血球使う研究用細胞開発

マイキャン・テクノロジーズ代表 宮崎和雄氏

[有料会員限定]

薬やワクチンの開発などに使う研究用細胞に、様々な細胞に育つiPS細胞が活用されている。デング熱や新型コロナウイルス向けの研究用細胞を手がけるバイオスタートアップ企業のマイキャン・テクノロジーズ(京都市)の宮崎和雄代表兼最高経営責任者(CEO)に多様化する研究用細胞の現状と展望を聞いた。

――研究用細胞とは何でしょうか。

「薬や化粧品などの開発に活用される細胞だ。人や動物の細胞を使って、ウイルスが細...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン