/

バンダイナムコHD、複数のグループ会社に不正アクセス

バンダイナムコホールディングス(HD)は13日、日本を除くアジア地域にある複数のグループ会社の社内システムが不正アクセスを受けたと発表した。被害を受けたサーバーやパソコンには、現地のトイホビー事業に関する顧客情報などが入っていた可能性がある。現在はサーバーへの外部からのアクセスを遮断し、情報漏洩の有無などについて調査を進めているという。

バンダイナムコHDは3日に不正アクセスを確認した。被害範囲についても現在、確認中としている。同社は外部機関とも連携してグループ全体のセキュリティー強化に取り組んでいくとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン