/

バイト時給最高更新、9月1102円 事務・介護がけん引

10月最低賃金改定への対応も底上げ要因に

think!多様な観点からニュースを考える

アルバイトやパートタイマーの時給が9カ月ぶりに最高を更新した。リクルートが14日発表した三大都市圏(首都圏、東海、関西)の9月のアルバイト・パート募集時平均時給は1102円と前年同月比11円(1%)上昇。2020年12月に付けた1100円を上回った。新型コロナウイルス禍でも需要が高い介護などの専門職や事務系がけん引した。10月の最低賃金改定に向けた販売などでの時給引き上げも押し上げ要因だ。

同社の求人媒体「タウンワーク」などの掲載案件をまとめた。職種別にみると「専門職系」全体は前年同月比20円(1.7%)高の1222円。中でも人手不足感の強い「介護スタッフ」は1117円で同10円(0.9%)、「介護福祉士」は1196円で同19円(1.6%)上昇した。コロナ感染「第5波」の状況が落ち着くにつれ、求人活動が積極的になりつつある。

「事務系」全体では同33円(2.9%)高の1173円となった。特に「コールセンタースタッフ」はコロナワクチンの接種関連や、通信販売の顧客対応で高い需要が続いている。

10月に引き上がる最低賃金に向けた対応も重なった。今回は全国加重平均で28円増、引き上げ幅は3.1%と過去最大となる。リクルートの調査では、改定後の最低賃金を下回る全国のアルバイト・パートの求人案件の割合は9月時点で14.4%と、8月(24.7%)から低下した。職種別では、「販売・サービス系」は8月で35.5%と最も高かったが、9月は19.5%となった。同様に「フード系」も26.6%から18.1%に低下した。

最低賃金に近い時給帯の業種ではこうした影響も作用し、「フード系」は前年同月比14円(1.4%)高い1032円。「販売・サービス系」は同9円(0.8%)高の1071円となり、平均時給を底上げした。

求人件数にも、行動制限の緩和をにらんで採用を強化する動きが表れた。「コンビニスタッフ」は緊急事態宣言解除前の9月下旬ごろから求人件数が増えた。「人流増加による店舗売り上げの増加を見据えている」(リクルート)

「警備員・監視員・パーキングスタッフ」も求人件数は前月から大幅に伸びており、時給は前年同月比44円(4.1%)高の1118円。10月以降の工事の増加やイベントの再開を見込んだ動きが表れた。

同業大手のディップによると、求人サイト「バイトル」でも全国の9月のアルバイト・パート平均時給は前年同月比65円(5.8%)高の1182円で、21年6月(1173円)以来3カ月ぶりに最高を更新した。「製造系」職が同317円(29%)高の1410円となった。「年末の繁忙期に向け食品メーカーなどが増員している」(ディップ)。飲食業の再開で関連産業も動き始めている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン