/

この記事は会員限定です

東芝の平田CFO「非公開化の費用に100億円」

[有料会員限定]

東芝は13日、2022年3月期の決算説明会を開いた。当初予定していた取締役候補者の公表を延期した。株式非公開化を含む再編の検討に向け、投資家など計10社と秘密保持契約(NDA)の手続きを始めた。平田政善最高財務責任者(CFO)は「非公開化を進めるプロセスで22年3月期に100億円の費用を見込む」と話した。主な一問一答は以下の通り。

――取締役候補の公表を延期したことは経営の混乱を印象づけます。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン