/

この記事は会員限定です

日本電産、EV生産で20社連合 一括受託へ中国に拠点

[有料会員限定]

日本電産は中国で電気自動車(EV)の一括受託に向けて20社の部品会社と連合を組む。世界最大のモーター新工場の周辺に拠点を集積。走行全般に関わる部品群の製造受託を目指しており、複数社と交渉に入った。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業も受託製造に乗り出すなど、EV時代は黒子が影の主役になる。

中国東北部の遼寧省大連市。市中心部から車で1時間ほど走ると白い外壁の建物が姿を現す。日本電産が3月末に完成させた新工場の第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン