REGZA、初の国内テレビ首位 東芝から中国企業傘下で安価に - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

REGZA、国内テレビ首位 東芝から中国企業傘下で安価に

[有料会員限定]

東芝が手掛けていたテレビブランド「REGZA(レグザ)」が2022年に、薄型テレビの国内シェアで初めて首位となった。東芝の経営危機で苦境に陥り、18年に中国の家電大手、海信集団(ハイセンスグループ)の傘下に入り再建を進めていた。国内のテレビ市場は縮小傾向だが、手ごろな価格やネット対応機能などを充実させた中国勢が若年層を中心に新たな需要を掘り起こしている。

22年末のボーナス商戦。大阪市在住の29...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1327文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません