/

この記事は会員限定です

弱肉強食でも「1強」にならない訳 進化に新たな仮説

[有料会員限定]

どの世界にもライバルはいる。激しい販売競争を繰り広げる業界や多くの生き物がしのぎを削る自然界が好例だ。弱肉強食であるはずなのに、たいてい1強にはならない。淘汰されそうな弱者ですら、強者と共存できるのはなぜか。生態学の分野で60年以上前から未解決の疑問に迫る一つの仮説が浮かび上がった。

クジャクのオスは鮮やかな羽を持つ。見事な模様はメスをひきつける。仲間の気を引こうとするような独自の進化が1強を防ぐ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン