/

この記事は会員限定です

酪農の強みを生かせ 牛肉も北海道ブランドで売る

[有料会員限定]

乳製品の産地として知られる北海道のホクレン農業協同組合連合会(札幌市)などが、牛肉の生産地としても知名度を上げようと動き出した。食の宝庫というイメージを生かし、国内の牛肉生産量の2割を占める北海道産牛のブランド力を向上。価格を安定させ、生産基盤を強化する考えだ。スーパーもこうした動きへの注目を高めている。

「『オール北海道』を表す肉ブランドとして浸透させたい」。ホクレンのビーフ課の景川能史課長は新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン