/

この記事は会員限定です

「世界一高い薬」売るノバルティス、高まらぬ開発効率

満武里奈

[有料会員限定]

医療用医薬品の売上高で世界3位のスイス・ノバルティスの市場評価が下がっている。「世界一高額な薬」など技術的に難易度の高い治療薬の開発に力を注ぐ一方、研究開発の投資回収効率は世界大手から見劣りする。10月には傘下の後発薬事業について売却を含む見直しを表明した。先進的な開発を収益拡大につなげるには一段の資本効率改善も必要だ。

スイス市場に上場するノバルティスの株価は16日時点で2019年末から14%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン