/

この記事は会員限定です

ゲノム編集で高機能素材 住化などAI駆使し微生物から

[有料会員限定]

バイオ技術を使った化学製品の革新的な生産が始まる。住友化学は米スタートアップと組み、モバイル端末に使う高機能フィルムをゲノム編集で改良した微生物で作る技術を確立した。2021年度中に大手メーカーの携帯端末に採用される可能性がある。大量のエネルギーを使う化学合成をバイオ生産に置き換えれば二酸化炭素(CO2)の排出削減にもつながる。

住化が新技術で開発したのは「ヒアリン」というフィルム素材だ。厚さ数十マイクロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン