/

この記事は会員限定です

コーセーのUGC戦略 売り上げ1位に貢献した独自のKPI

[有料会員限定]
日経クロストレンド

毎日違うネイルを楽しみたいという若者をターゲットにしたセルフネイルケア商品「ネイルホリック」シリーズを展開するコーセー。同社はアンバサダーを起用したユーザー生成コンテンツ(UGC)活用に力を入れる。

「ネイルホリックのSNS(交流サイト)アカウント運用において、アンバサダーはなくてはならない存在だ」。コーセー宣伝部宣伝企画課の小林祐樹課長はそう言い切る。小林氏が絶対の信頼を寄せるアンバサダーの威力とはいか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン