/

コマツ、フル電動の小型ショベル 排ガスゼロで遠隔操作

コマツは13日、リチウムイオン電池を搭載したフル電動の小型ショベルを開発したと発表した。シリンダーなどの駆動部にも油圧機器を使わないショベルはコマツとして初めて。排ガスを出さないほか、遠隔操作方式も採用し、危険な場所での作業にも対応できる。

13日に創立100周年を迎えたコマツが、脱炭素社会に対応したコンセプトモデルとして公表した。当面、一般販売は予定していないという。

ショベルは無線LANで外部と接続し、運転手は建機に搭乗せずに遠隔地から操作する。遠隔操作が可能で、排ガスも出さないため、屋内での解体や災害救出など危険な現場での作業にも適している。

コマツは2020年に電池駆動式の小型ショベルを国内で市場投入した。だが、ショベルのアームなどを動かすシリンダーには油圧式を採用していた。フル電動化により省エネ性能が向上し、メンテナンス負担の軽減にもつながるという。

コマツは同日、NTTドコモの高速通信規格「5G」を活用し、一人の運転手が遠隔地から、油圧ショベルやブルドーザーなどの複数の建設機械を切り替えながら操作する実証実験が成功したことも公表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン