/

この記事は会員限定です

タオル紙1割増、ティッシュ低迷 国内出荷の勢いに差

清潔意識、衛生用紙の需要シフト生む インフル感染の減少の影響も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下の生活の変化が、衛生用紙の品目による国内出荷の勢いの差を鮮明にしている。手拭きなどに使うペーパータオルは清潔意識の高まりを背景に2020年に前年比1割強増えた。一方、ティッシュペーパーはマスク生活の定着で風邪や季節性インフルエンザ感染者が減って低迷した。需要の移ろいはメーカーの生産シフトも加速させている。

経済産業省の統計によると、20年の国産ペーパータオルの出荷量は23万51...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン