/

この記事は会員限定です

注目のデジタル資産「NFT」 本物でも権利あいまい

[有料会員限定]

「非代替性トークン(NFT)」と呼ばれる新たなデジタル資産が注目を集めている。デジタルデータは通常ならコピーが簡単だが、NFTは特定のデータを「唯一無二の本物」と証明できる。その利点を生かし、NFTを使う「本物」のデジタルアートが相次いで高値で取引され始めた。ただ現行法の想定外の概念のため、直接は正式な所有権や著作権を得られないという課題が浮上している。取引で個別の契約を結んだり、仲介する事業者に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン