任天堂創業家、東洋建設へのTOB4度目の延期「協議応じず」 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

任天堂創業家、東洋建へのTOB4度目の延期「協議応じず」

[有料会員限定]

任天堂創業家の山内家の資産運用会社「ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス(YFO)」は13日、東洋建設に提案しているTOB(株式公開買い付け)の開始について、2023年1月下旬をめどに延期すると明らかにした。延期は4度目。「要請にもかかわらず、当社及び対象者(東洋建)取締役会の協議も実施されていない」ためとした。

その上でYFOは東洋建との協議の経緯を公表した。東洋建の経営陣が、海洋土木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません