/

そごう・西武、都内2店で衣料品含め営業拡大 14日から

呉服などは休業を続ける(西武池袋本店)

セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武は13日、西武池袋本店(東京・豊島)と西武渋谷店(東京・渋谷)で14日から営業範囲を拡大すると発表した。時短営業は続けながら、衣料品を含めた大半のフロアで営業を再開する。東京都の要請に基づいて引き続き休業するのは呉服や美術、宝飾品など一部の売り場になる。 同社は「自治体の要請や、消費者・取引先の要望を踏まえて決定した」と説明する。

東京都では3度目の緊急事態宣言が12日以降も延長され、百貨店などの大型商業施設には引き続き休業要請がなされている。一方で百貨店各社は休業要請の対象外となる「生活必需品」の範囲を見直し、営業範囲の拡大に動く。高島屋も12日から婦人服や紳士服を含む大部分のフロアで営業を再開。三越伊勢丹ホールディングスも12日からリビング用品や服飾雑貨なども生活必需品として販売を再開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン