/

この記事は会員限定です

日本製鉄、「超ハイテン」に新加工技術 割れやしわ防ぐ  

[有料会員限定]

日本製鉄は13日、新たなプレス工法を使った「超ハイテン(高張力鋼板)材」が、自動車メーカーに採用されたと発表した。薄くて強度のある「ハイテン材」は自動車向けに広く使われている。今回の製品は強度が一般的なハイテン材の約2倍になるほか、従来より複雑な加工に対応できる工法も開発し、採用できる部品の幅を広げた。

車の骨格部品のひとつである「フロントサイドメンバー」への採用が決まった。超ハイテン材の強度は1180メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン