/

この記事は会員限定です

三菱自動車の池谷副社長「成長投資、年2000億円軸に」

今期業績を聞く

[有料会員限定]

三菱自動車の2023年3月期の連結営業利益は前期比3%増の900億円となる見通しだ。5月10日の公表前の市場予想(9%減の795億円)を上回る。円安効果に加え、値上げや販売増で原材料高の影響を吸収する。池谷光司副社長に業績見通しなどを聞いた。

――今期の業績予想はどのように見立てていますか。

「原材料価格や輸送費の高騰が約950億円の減益要因になるが、販売価格の上昇、製品構成の見直しなどが約60...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン