/

ユニクロ心斎橋店、17日再開業 GUと一体型店舗

ファーストリテイリング傘下のユニクロとジーユー(GU)は13日、大阪市内の繁華街、心斎橋でユニクロとGUの一体型店舗を17日に開くと発表した。8月まで心斎橋にあったユニクロの「グローバル旗艦店」がジーユーの店舗に移転・縮小する形で再開業する。両ブランドの商品を効率的に選べる点を訴求する。

ユニクロは2010年に国内初の「グローバル旗艦店」として旧ユニクロ心斎橋店を開業した。国内を代表する店舗だったが、新型コロナウイルスのまん延で訪日外国人が激減し、店舗の賃貸借契約も切れるため8月1日で一旦閉店していた。

新店は地下1階と地上1~2階が「ユニクロ心斎橋店」で地上3~4階が「ジーユー心斎橋店」となる。両店の売り場面積の合計は約2280平方㍍。以前のユニクロとジーユーの単独店舗の合計からは半分ほどの規模になる。

新しいユニクロ心斎橋店はグローバル旗艦店の位置づけではないが、関西初の取り組みが充実する。20年に開業した旗艦店「UNIQLO TOKYO」(東京・中央)などと同様に生花の販売を関西で初めてする。21年春に東京都江東区でファストリが設けた自社工場で生産したニット商品も販売する。

17日から10月10日まで御堂筋線沿線のユニクロとGUの全12 店舗で地元の商店街や企業と組んだ販促キャンペーンも実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン