/

この記事は会員限定です

日産、軽EV受注1万1000台 3週間で国内市場の半分に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日産自動車は13日、軽自動車の新型電気自動車(EV)「サクラ」の受注台数が3週間で約1万1千台に達したと発表した。補助金を使うと実質価格が180万円を下回る割安感や、なめらかな加速性能などが支持を得ている。EVの乗用車の年間新車販売台数が2021年に2万台強にとどまる国内市場において、好調な滑り出しとなっている。

日産は5月下旬、新型軽EVのサクラの受注を始めた。EVで「リーフ」や「アリア」を展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません