/

王子HDの22年3月期、純利益76%増で最高 パルプ高で

王子ホールディングスが13日発表した2022年3月期の連結決算は、純利益が前の期比76%増の875億円となり、2期ぶりに過去最高を更新した。新型コロナウイルス禍からの経済活動の回復で紙の需要が増えたほか、パルプの販売価格の上昇が寄与した。円安による為替差益も発生した。

新たに適用した収益認識基準ベースで、売上高は8%増の1兆4701億円。営業利益は42%増の1201億円だった。東南アジアで段ボールや段ボール原紙の販売が好調だった。

23年3月期の売上高は前期比16%増の1兆7000億円、純利益は20%減の700億円を見込む。石炭など原燃料の上昇分を国内で販売価格に転嫁しきれず採算が悪化する。年間配当は前期実績比2円増の16円を計画する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン