/

富士フイルム、アルツハイマー進行をAIで予測

富士フイルムは13日、軽度認知障害(MCI)の患者の症状がアルツハイマー病に進行するかどうかを予測する技術を開発したと発表した。人工知能(AI)が患者の脳の画像を解析し、最大88%の精度で進行を予測する。アルツハイマー病向けの新薬開発の臨床試験(治験)で活用を目指す。

国立精神・神経医療研究センターと共同で開発した。富士フイルムの画像認識技術を応用し、MCI患者の磁気共鳴画像装置(MRI)画像から脳の海馬の大きさや形状などの情報を解析する。2年以内にアルツハイマー病に進行するかどうかをAIが予測する。人種を問わずに予測精度を保てることを確認した。

MCIはアルツハイマー病に進行する場合と、移行せずに症状が続く場合がある。アルツハイマーの新薬開発で、症状が進行しない患者が治験に多く参加すると、薬の有効性が証明しにくかった。同社は今回の技術を、治験対象の患者の絞り込みに活用できると期待する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン