/

この記事は会員限定です

トヨタが推すサイバー対策の新常識 車載ソフト部品表

[有料会員限定]
日経クロステック

トヨタ自動車が「ソフトウエア部品表(SBOM)」の活用に力を入れている。SBOMによって車載ソフトに含まれる脆弱性を管理し、自動車へのサイバー攻撃を未然に防ぐ。

SBOM仕様が国際標準に

コネクテッド機能や先進運転支援システム(ADAS)などの普及を背景に、車載ソフトは大規模化、複雑化の一途をたどっている。中でも、コネクテッド機能を持つ車載情報システム(IVI)は、オープンソースソフト(OSS)の比率が高く、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン