/

ニコン、創薬支援の拠点新設 武田薬品の湘南施設に

ニコンは13日、製薬会社やバイオスタートアップ向けの創薬支援施設を神奈川県内に新設すると発表した。創薬支援施設は2019年に米ボストンで開設しており2拠点目となる。ニコンの持つ画像解析技術や細胞観察技術などを創薬向けに活用し、機器やソフトウエアを提供する。

ニコンと販売子会社のニコンソリューションズが、15日に武田薬品工業が製薬会社など向けに開放している施設「湘南ヘルスイノベーションパーク」(神奈川県藤沢市)内に創薬支援施設「ニコンバイオイメージングラボ」を設置する。創薬研究向けに細胞の観察装置やソフトウエアを設置しており、機器を試すことができる。製薬会社やスタートアップのほか、大学など研究機関の利用も見込む。

ニコンはカメラの光学や画像解析技術を活用した細胞培養観察装置などを手掛けており、再生医療に力を入れる。細胞の効率的な培養に向けては、形状などの細かい観察技術が重要で新拠点で製薬会社などに技術をアピールする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン