/

この記事は会員限定です

曖昧な金融商品の課税 セガサミー会長への追徴取り消し

[有料会員限定]

セガサミーホールディングスの里見治会長が金融商品の売却などを巡り、東京国税局が行った10億円強の追徴課税処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は5月、里見会長側の主張を全面的に認めて処分を取り消した。課税処分や裁判を通じ、複雑な金融商品への課税ルールの曖昧さが明らかになった。

判決は一審で確定。国税庁は同訴訟で問題となった金融商品の税務上の取り扱いを変更した。対象期間が2015年以前と古く、既に法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン