/

この記事は会員限定です

東南アジア、外国人就労厳しく 企業の駐在員派遣に壁

[有料会員限定]

東南アジア各国で、外国人の就労条件を厳しくするルール改正が相次いでいる。新型コロナウイルス禍で雇用環境が悪化し、自国民の労働者保護を重視した影響が大きい。各国に進出する日系企業にも、駐在員の派遣がスムーズにいかない影響などが出ており、現地の法令を見据えた事前準備の重みが増している。

労働許可下りず

「6人のうち2人しか申請が通っていない。あり得ない要求をされて困っている」。ベトナムに進出する、ある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン