/

この記事は会員限定です

東芝と株主、決算説明会で火花 「企業統治機能せず」

[有料会員限定]

東芝が14日開いた2021年3月期決算説明会の質疑応答で、大株主のアクティビスト(物言う株主)が東芝の企業統治(コーポレートガバナンス)や株主融和の姿勢を厳しく問いただした。英ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案などについて「東芝が真摯に検討していない」などと批判した。

質問したのは米運用会社ファラロン・キャピタル・マネジメントと、シンガポール拠点の資産運用会社の3Dインベストメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン