/

この記事は会員限定です

テック前面、イノベーション AIの社内活用6割に

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

いまやテクノロジーはイノベーションと切っても切り離せない存在だ。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTを生かして業務を効率化すれば、イノベーションにより多くの時間を充てられる。テクノロジーに通じた高度専門人材の知見を全社で活用する仕組みが求められている。

テクノロジー活用の広がりは、2022年のスマートワーク経営調査でも明らかだ。AIを自社の業務やデータ分析で活用しているか尋ねた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2467文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません