/

この記事は会員限定です

米ウエスチングハウスの買収額1兆円超 破綻から再建

[有料会員限定]

カナダのウラン採掘大手カメコは米原子力発電大手ウエスチングハウス(WH)を買収する。負債引き受けを含めた支払総額は約79億㌦(約1兆1600億円)。WHは東芝の元子会社で、米国での原発建設のコスト増などで経営破綻し、東芝本体の経営危機のきっかけとなった。その後、2018年に投資ファンドのブルックフィールド・ビジネス・パートナーズ(BBP)の傘下に入り、経営再建が進んだ。

カメコなどが11日発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません