/

この記事は会員限定です

日本水産・浜田次期社長「養殖魚の原価圧縮が急務」

[有料会員限定]

日本水産の次期社長となる浜田晋吾・代表取締役専務執行役員はオンライン記者会見を開き、「新型コロナの影響はあと2年続く」との見通しを示したうえで、「水産事業の採算改善に向けて養殖魚の原価圧縮は急務」と語った。外食店の営業自粛などで魚の需要は落ち込んでおり、「量販店への魚の販売を拡大する」方針を示した。

同社は新型コロナの影響が見通しづらいことから、中期経営計画の発表も遅れている。魚の価格変動に左右されない安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン