/

この記事は会員限定です

東芝株、一時7%安 業績懸念や非公開化期待後退で

[有料会員限定]

13日の東京株式市場で東芝株が一時、前日比315円(7%)安の4145円まで下落し、約4カ月ぶりの安値水準をつけた。前日発表した2021年4~6月期の利益水準が期待に届かず幅広い投資家が利益確定売りに動いた。同社には以前からMBO(経営陣が参加する買収)など株式の非公開化への期待があったが、決算説明会での非公開化への消極的な発言も売りを誘った。

4~6月期の連結営業損益(米国会計基準)は145億円の黒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン