/

NECとレッドハット、5G分野で協業

NECと米ソフトウエア大手のレッドハットの日本法人(東京・渋谷)は13日、高速通信規格「5G」分野で協業すると発表した。NECは通信事業者向けに5Gの基幹通信網や基地局などのアプリケーションを構築する時、レッドハットのクラウド向け基盤ソフト「オープンシフト」を利用する。

オープンシフトの技術を活用して構築した5Gネットワークは、従来よりも管理と運用のコストを削減できると両社は説明している。

NECは自社が開発した5G向けシステムがオープンシフト上で問題なく動作するかどうか検証する。年内をメドにレッドハットの認定を受ける予定だ。NECとレッドハットはこれまでもネットワーク関連の技術開発で協業しており、今回は5G分野に適用した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン