/

この記事は会員限定です

小学6年生からできるがん予防 HPVワクチン接種を

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

小学6年からできるがん予防があることをご存じでしょうか。がんは細胞の老化といえる病気で、年齢とともに発症リスクが高くなるのが一般的ですが、例外もあります。その代表が子宮頸(けい)がんです。このがんは「感染型」のがんの代表で、発症原因のほぼ100%が性交渉に伴うヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。

性交渉の若年化などにより、子宮頸がんの若年化も進みました。もっとも早期の「上皮内がん」を含め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません