/

この記事は会員限定です

ニチレイ、巣ごもり特需の冷食に成長鈍化の兆し  

篠原英樹

[有料会員限定]

ニチレイの業績拡大をけん引してきた冷凍食品に成長鈍化の兆しが出始めている。家庭向け冷凍食品は2021年3月期に新型コロナウイルス下の巣ごもり需要を取り込み、今年4~6月も前年同期を上回る勢いを持続した。ただ、今期はコンビニの店内調理向けや飲食店など向けの業務用冷凍食品の売り上げ回復が遅れる可能性も出てきた。原材料価格上昇などが利益を押し下げる懸念も浮上している。

ニチレイの家庭用調理品の売上高は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1834文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン