/

「顔パス」搭乗、成田空港で NECなど7月から本格運用

think!多様な観点からニュースを考える

NECと成田国際空港は13日、顔認証技術を活用して「顔パス」での搭乗手続きなどを可能にするシステム「Face Express」の実証実験を始めた。国際線の旅客は搭乗手続き時に顔情報を登録すると、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートを提示する必要がなくなる。旅客の利便性を高め、感染症対策にもつながるとしている。

羽田空港の国際線でも同様のシステムを導入し、両空港で7月から本格運用を始める。成田空港では自動チェックイン機のカメラで顔画像を撮影し、パスポートの顔写真と照合する。その後は手荷物の預け入れや保安検査、搭乗ゲートの通過時などで、パスポートや搭乗券の提示が不要な「顔パス」での手続きが可能になる。登録された顔情報は一定時間経過すれば消去されるという。

成田空港で実証開始時に顔認証に対応する航空会社は日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の2社。今後は他の航空会社にも利用を広げていく考えで、旅客のスムーズな搭乗手続きを促し、接触機会を減らして感染症対策につなげていく。

同日のデモンストレーションに出席したNECの林良司執行役員は「快適な空港での経験を世界中の方に提供する。同様の顔認証システムは街中やオフィス、イベントなどにも広がっていく」と強調した。当初は2020年夏の東京五輪・パラリンピック前の運用を目指していたが、コロナ禍の影響などで延期となっていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン