/

ノキア、ローカル5Gラボ開設 CEO「多くの潜在顧客」

日経クロステック

フィンランドの通信機器大手ノキアの日本法人ノキアソリューションズ&ネットワークス(東京・港)は12日、地域限定の高速通信規格「ローカル5G」の実験施設「ローカル5Gラボ」の開設セレモニーを催した。

セレモニーに登壇したノキアのペッカ・ルンドマルク最高経営責任者(CEO)は「ローカル5Gという専用網は生産性、効率性、環境の持続可能性、労働者の安全などの重要な課題に応える技術だ。まだ多くの潜在的な顧客が存在する」と述べ、拡大するローカル5G市場に期待を寄せた。

ノキアソリューションズ&ネットワークスのドニー・ヤンセンス執行役員エンタープライズビジネス統括はローカル5Gラボを東京都心部の六本木に開設したことで「様々な日本企業と協調でき、機器検証も可能だ。ローカル5Gの利点もさらに発信できるだろう」と語った。また日本でのローカル5Gのパートナーも順調に増加しているという。

ローカル5Gラボは、端末と基地局の相互接続性の確認、アプリケーションの実験などが可能である。デモンストレーションとして、5G専用設備を使うスタンドアロン(SA)方式を利用したデータの送受信を披露。同社の小美濃貴行執行役員マーケティング・コミュニケーション統括は「都内にあるためアクセスしやすく、利用企業は製品開発も迅速に実施できる」とラボの有用性を強調した。

(日経クロステック 野々村洸)

[日経クロステック 2022年5月12日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン