/

この記事は会員限定です

日本、石炭火力なお「基幹電源」 低炭素化が急務

[有料会員限定]

日本企業は石炭火力の既存の発電所に最新技術を導入し低炭素化を急いでいる。第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で石炭火力発電所の段階的な削減が明記されたが、石炭火力は日本の発電量の3割を占める「基幹電源」のためだ。電気の安定供給を図りつつ、石炭依存から脱却する対応策も必要になる。

東京電力ホールディングス中部電力が共同出資するJERAは2030年代に全ての石炭火力でアンモニア混焼率20%を達成する目標を掲げる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン