/

この記事は会員限定です

国内食品、米国で増産 即席麺や豆腐 消費回復受け投資

東洋水産やハウス

[有料会員限定]

国内の食品メーカーが米国で主力製品の増産に乗り出している。東洋水産は2022年度までに約30億円を投じて米テキサス州の即席麺工場の生産能力を約1割引き上げる。ハウス食品グループ本社も豆腐を増産する。米国の消費回復を受けて需要取り込みに動くが、新型コロナの変異ウイルスの感染拡大で懸念される経済悪化は投資のリスクとなる。

東洋水産は米国向けの増産投資を加速する。21年5月にテキサス工場に約50億円を投じて即席麺の生産ラインを新設し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン