/

この記事は会員限定です

東電「風評影響の抑制を徹底」 処理水の海洋放出受け

[有料会員限定]

政府が13日午前、東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまる処理水を海洋放出して処分すると決定したのを受け、東京電力ホールディングスは「風評影響を最大限抑制するための対応を徹底する」とのコメントを発表した。海水のモニタリングや農水産業の風評被害対策を強化しつつ、政府とともに地元との調整を進める。原子力規制委員会の審査を経て2023年をめどに処分を実施する。

東電の小早川智明社長は政府の関係閣僚会議後、首相官邸で記者団に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン