/

この記事は会員限定です

「コメ農家経営に価格指標を」 先物取引廃止の未来は?

コメ先物終幕を聞く㊤

[有料会員限定]

世界の先物取引の先駆けといわれる堂島米市場が源流のコメ先物取引。堂島取引所での上場廃止が決まった。先物相場で付く価格指標が来年にも姿を消し、コメ市場に「価格の透明化」という宿題が残る。先物廃止をどう評価し、展望をどう描くか。市場関係者や識者に聞いた。

「合理的な価格形成の場を」 木津みずほ生産組合・坪谷利之代表

――堂島先物にも売り手として参加していた新潟の大規模コメ生産者の立場からみて、先物市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン