/

この記事は会員限定です

ポリスチレン価格が半年ぶり上昇 5%高、最高値を更新

[有料会員限定]

代表的な合成樹脂で食品容器や建物の断熱材などに使うポリスチレンの国内取引価格が6カ月ぶりに上昇した。前月比5%程度上がり、過去最高値を更新した。原油の高騰を背景に主原料や化学品などの価格が上昇しているためで、樹脂大手の値上げを需要家側が受け入れた。ポリスチレンを使う加工製品にも転嫁値上げの動きが広がりつつある。

指標となる一般用のポリスチレン(GPPS)は1キロあたり244~264円程度と、中心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン