/

この記事は会員限定です

生鮮食材、外食低迷で安く キャベツ・アジ・ステーキ肉

卸値、宣言再発令で一段の需要減に懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で外食の低迷が長引くなか、外食産業でなじみの生鮮食材が値下がりしている。レストランで利用が多いキャベツは平年比で5割下落。アジなどの魚も料亭向けが安い。東京や大阪での緊急事態宣言が再発令され、一段の需要減少の懸念も出ている。

下落が顕著なのが葉物野菜だ。農畜産業振興機構(東京・港)によると、4月中旬の東京市場のキャベツの卸値は1キロ74円と、平年(過去5年平均)比5割安い。ハク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン