/

この記事は会員限定です

東芝、最後に残った分割案 非公開化巡りファンドと協議

[有料会員限定]

東芝は2023年度にグループ全体を3つの会社に分割する。主導的な役割を果たしたのは、投資ファンド推薦の社外取締役たちだった。株式の非公開化や事業の切り売り、投資ファンドからの少額出資の受け入れなど、様々な案が浮上しては消えた。執行部案ははねつけられ、最後に残ったのが分割案だった。

「9月にスピンオフ(分離)計画のコンセプトの検証が始まり、戦略委員会は執行部に対し、このアプローチを詳細に検討するよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1709文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン